株式会社ティエフケー
業務紹介

フレキシブルな搭載体制

機内食への急なオーダーがあった場合、お客様が搭乗されるまでの限られた時間内にリクエスト通り機内へ搭載を完了しなくてはなりません。ティエフケーの搭載業務は、経験豊富なケータリングスタッフとハイリフトトラックドライバーとのコンビネーションによって刻々と変化するフライト状況に対応しています。





生産拡大にチャレンジ

成田国際空港の第2滑走路供用開始に伴う新規航空会社の乗り入れに対応して、本社工場の機内食調製スペースを拡大するため、工場内の一部機能を近隣の芝山南部工業団地内に移転し芝山工場として2001年より稼働しています。芝山工場では、到着便から取り卸した食器類を大型洗浄機で洗浄する部門と出発便用の食器類、飲料品類、機内販売用の免税品等を準備する搭載部門との2つの業務を行っています。




トータルミールシステムを導入

ティエフケーでは、受注から食材の調達、受入れ、調製、搭載までのすべてのプロセスをコンピューターで一元的に管理し、空の食の多様化に迅速に応えるシステム=ATMS(Advanced Total Meal System)をケータリング業界の中でいち早く導入し、フライト状況に合わせ迅速かつ正確に対応しています。


このページのトップへ戻る